文字サイズ

086-462-1111(代表)

メディカルアシスタント課

更新:2021年4月1日

院長補佐
玉田 勉院長補佐、放射線科(画像診断)部長

メディカルアシスタント課は、医師事務作業補助業務を専従とする診療支援部門として、2010年10月からスタートしました。医師が本来の専門性を必要とする医療に専念できるように、医師の負担軽減に対する体制確保により、良質な医療の継続的提供に寄与することを目的としています。また、更なる負担軽減に繋がるように、業務内容、配置体制等の見直し、改善に取り組んでいます。

特徴・特色

メディカルアシスタントは2020年4月現在30名で、病棟スタッフステーション、腎センター、内視鏡・超音波センター、高度救命救急センター等に配置しています。円滑な業務遂行のため、各配置部署にはメディカルアシスタント責任医師が決められています。

また、文書担当も配置し、患者さんから預かった診断書が速やかに完成するよう努めています。

主な業務内容

  1. 電子カルテの代行入力
  2. 入院患者からの診断書等 代行作成
  3. DPC入力の確認
  4. スキャン書類の内容確認・整理
  5. 入院診療計画書の進捗管理

実績

2018年度

専門資格と認定者数

クリニカルセクレタリー 1名
メディカルクラーク 2名
メディカルオペレータ2級 1名
秘書能力検定2級 1名
医科2級医療事務実務能力試験 1名
2級医療秘書実務能力認定試験 1名
医科診療報酬請求事務能力認定試験 5名
調剤事務管理士 1名

詳細は年報をご覧ください。