文字サイズ

086-462-1111(代表)

医療安全管理部

更新:2021年4月1日

部長
中塚 秀輝副院長、医療安全管理責任者、麻酔・集中治療科 部長
室長
金藤 秀明糖尿病・代謝・内分泌内科 部長
医療安全管理者 専従医師 専従薬剤師 専従看護師
石本 多津子 看護師長 岡  三喜男 医師 二宮 洋子 主任薬剤師 福田 縁 看護副師長
井上 千穂 看護主任
専任看護師 兼任看護師 専従事務職員 専任事務職員
西岡 民子 看護師 荻野 くみ子 看護師 森脇 康美 事務職員 坪井 恵美子 事務職員

「専任の医療安全管理者の配置」と「医療安全管理部門の整備」は、2000年に特定機能病院と独立行政法人国立病院機構に義務付けられ、当院では2003年から「医療安全管理部」を設置し、日々患者さんや職員の安全確保に努めています。

職員からDIA報告(死亡・インシデント・アクシデント報告)があった場合や重大な医療事故発生時等には、組織横断的立場で事実の確認を行い、情報収集やデータ集積、問題分析をしています。多職種のリスクマネージャーで構成される6つのワーキンググループと連携し、情報の共有や対応策の検討を行うとともに医療安全パトロールによる検証を行い、病院医療安全管理委員会に提言しています。院内のシステムの改善やマニュアルの改訂を行った際は、医療安全に関するニューズレターや職員対象の教育講演会を通して職員へフィードバックを行うことで、医療安全に関する啓発、教育、指導を行っています。

2017年からは先進的な治療を行うにあたり、高難度新規医療技術評価室、未承認新規医薬品評価室、未承認新規医療機器評価室、医療倫理委員会を設置し、適切な手続きのもと最先端の医療が提供されるよう管理を行っています。

特徴・特色

1.医療安全管理体制

医療安全組織図


リスクマネージャーの6つのワーキング
1.内服・外用
2.注射
3.転倒・転落
4.検査・輸血
5.器械・材料・手術・処置
6.食事・インフォームドコンセント・書類・その他


病院医療安全管理委員会は、医療上の問題の早期かつ的確な把握、問題の拡大防止と適正な解決、今後の発生防止と医療問題に関する安全管理のための職員研修の推進を図る委員会です。病院全体の立場から事故防止に関する諸問題を検討し決定する組織です。その下部組織として各部門から選出されるリスクマネージャーは、現場での事故防止、安全管理について中心的な役割を担い、各部門と病院医療安全管理委員会とを結ぶ役割を担っています。医療安全管理部は、病院長直属であり、病院医療安全管理委員会の方針に基づき、組織横断的な立場から問題点の把握、対策の立案、関係者の調整、安全対策の実施および評価等を行っています。

2.DIA報告の流れ

DIA報告の流れ

医療安全管理の取り組み

1.DIA報告(死亡・インシデント・アクシデント報告書)に関する事実確認と対策指導の実施

2019年11月より、死亡(Death)・インシデント(Incident)・アクシデント(Accident)に関する報告をまとめてDIA報告と改訂しました。日々提出されるDIA報告について、医療安全管理室が事実の確認やデータの集積、問題点の分析を行っています。また、多職種のリスクマネージャーで構成される6つのワーキンググループと連携を図り、医療安全パトロールによる検証や情報の共有、対応策の検討・提案を行っています。データ分析に基づき、医療事故の再発防止のために必要と考える安全対策に取り組んでいます。また、医療安全に関する院内研修を行い、全職員が安心・安全な医療を提供する意識の醸成に努めています。

  • インシデント報告書等の収集/分析

  • 医療安全パトロール

    医療安全パトロール

  • リスクマネージャー連絡会

2.病院全職員に対し年2回以上の医療安全に関する教育講演会および研修会

  • 職員教育講演会

  • CVポート研修会

  • 人工呼吸器研修会

3.医療安全情報の提供

  • 医療安全1

    医療安全に関するニューズレター

  • 医療安全2

    日本医療機能評価機構発行の
    医療安全情報

  • 医療安全3

    医療安全推進月間の取組み

4.マニュアルの改訂

  • 医療安全4
  • 医療安全5