ご挨拶

看護副部長

看護副部長
業務担当
石本 多津子
看護副部長(業務担当)として、看護必要度や労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL)事業を担当しています。

他部門との連携など、チーム医療の推進や、DiNQL結果を可視化し看護実践および看護管理に活用することで、患者サービスの強化と業務の効率化のための質改善・改革に取り組んでいます。

自律した看護師の育成を目指し、共に育ちあうことのできる自分自身でありたいと思っています。

看護副部長
教育担当
土師 エリ
「患者中心の質の高い看護を提供できる看護師を育成する」ことを教育目的とし、看護への責任と誇りを育てるために、様々な研修を計画・実施しています。

在院日数が短縮し、効率化やスピード化が求められる中でも、現場で体験したことを振り返り、意味づけを行うことで、個人の気づきを促すことを大切にしています。1人ひとりの違いを受け入れ、それぞれの看護観・倫理観を尊重し合う、環境づくりを行っていきたいと思っています。

看護部長付参与

看護部長付参与
新人看護職員教育担当
佐藤 美奈
2017年4月1日付で就任しました。看護基礎教育現場での教員経験を経て、縁あって当院で仕事ができることに感謝しています。現在、新人看護職員教育、臨地看護学実習に関することを中心とした役割を遂行できるよう努めています。新人看護職員がチーム医療の一員として一人ひとりが成長できるよう共に学び合える職場環境、教育環境を整えていきたいと思います。

リエゾンナース

リエゾンナース東 りえ

リエゾンナースは、看護職員のメンタルヘルスケアのための「看護職員相談室」で業務しています。業務内容は相談、ストレス予防、職場と相談者の調整、専門医の紹介、職場復帰支援などです。

リエゾンナースは、看護師の心が疲れたときに、安心と癒しが得られるようサポートいたします。どうぞお気軽にご相談ください。もちろん個人情報は絶対守ります。