看護部長ご挨拶

Heart to Heart ~人間性豊かなナースを目指して~

看護部長平松 貴子

看護部は大学病院、特定機能病院である当院の特性を踏まえ、基幹病院として地域のニーズに応えられる看護をめざし、責任のある質の高い看護を継続して提供することに努めています。看護体制として、患者さんのQOLを高め、医療を取りまく状況の変化に合った質の高い看護を提供する目的で『プライマリーナーシング』という看護方式を採択しています。

平均在院日数短縮において課題となる退院支援・退院調整については、ベッドコントロールセンターに看護職員を配置し、地域の医療関係者との連携を密に取りながらシームレスな看護を提供できる体制が整いました。また、チーム医療推進のための多職種と連携できる研修プログラムや臨床教育研修センターでのシミュレータ教育プログラム、川崎塾などの企画・運営にも参画し、看護力を高める教育資源も豊富となっています。現場での看護実践を支える看護師現任教育は、年間を通して系統的に学習できる環境が整っています。看護学生の受け入れも川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、旭川荘厚生専門学院にとどまらず、近隣の大学からも広く受け入れ、多くの看護学生に当院の看護を体感していただける機会をつくっています。さらに、専門看護師教育課程や認定看護師教育課程の実習施設として、当院の専門性の高い看護を発信する機会にも恵まれました。今後の活動につきましては、本ホームページに更新していきますので、ぜひご覧ください。そして、一緒に力を合わせて当院をマグネットホスピタルにしていきましょう!

 4人  

 

看護部は、現場のスタッフが患者さんとご家族に安心と満足感を持っていただける心ある看護に専念できるように、総務・業務・教育と役割分担しております。
また、現場のスタッフの一人ひとりを大切にし、やりがいのある職場環境を確立できるように、力を合わせて頑張っています。