専門・認定看護師の紹介

専門看護師

がん看護専門看護師

  • 平松 貴子
    平松 貴子

    私は、入院時の医師のインフォームド・コンセントに同席しています。患者さんの治療方針に伴う医師の説明の補足や入院生活のアドバイス、退院後の生活の再構築支援を行っています。特に、術後の疼痛コントロールや離床に関する不安には、病棟看護師と情報共有し、よりよい支援ができるように努めています。

    そして、退院後の初回外来受診時には患者さんと面談し、変化した日常生活の様子を確認しています。患者さんにとって、QOLの高い支援が提供できることを目指しています。

  • 山下 絹代
    山下 絹代

    山下 絹代

    私は小児・女性医療センターに所属し、主に乳腺・甲状腺疾患や婦人科疾患の患者さんの看護を行っており、平成27年11月にがん看護専門看護師の認定を受けました。

    専門看護師としてまだ未熟ですが、がん患者さんの入院中から退院後の生活を考え、医師など多職種への調整を行い、がん患者さんやご家族の抱える複雑な問題に対して一つひとつ丁寧な対応をできるように努めています。また、病棟看護師から看護実践の大変さや大切さを学びながら、ケアに悩む病棟看護師からの相談を受けています。

    病棟看護師と共により良い看護を模索し、個々のがん患者さんがQOLを高められるように支援を行っていき、がん看護に関する教育にも取り組んでいきます。

急性・重症患者看護専門看護師

  • 古賀 雄二
    古賀 雄二

    病気や事故によって生命の危機にさらされ、生活の変化を迫られる患者様と ご家族にとって、看護の果たす役割はひときわ重要です。部署に関らず、看護を必要とする患者様・ご家族の生活を支えたいと願っています。

    その中でも、特にせん妄、早期離床、院内救急、医療安全をキーワードとした活動を通して医療チームを支えていきたいと思います。

認定看護師

救急看護認定看護師

  • 佐々木 智子
    佐々木 智子

    佐々木 智子

    看護実践チームを立ち上げ実態把握と対応策の検討を行い日々の看護実践の向上と、災害対応訓練・災害対応マニュアルの改訂・DMAT活動など災害拠点病院としての災害発生時における救急医療体制の整備に努めています。

    救急医療はチーム医療が特に求められます。院内どこでも緊急的な場面が起こっても急変対応が出来るようにコメディカルを含めた救命処置の研修会の開催もしています。

    救急看護認定看護師として超急性期から回復していく過程を考えながらケアが行なえる様看護の質の向上を目指し、日々スタッフと共に考え実践を行いたいと思っています。

  • 岡崎 泉
    岡崎 泉

    岡崎 泉

    救急患者さんは時間、場所、年齢などに関係なく、突然の病気や外傷により搬入されてきます。救急外来では院内トリアージを行ない患者さんの緊急度、重症度を迅速に判断し、的確な対応と看護ケアの提供に努めています。また、各病棟へ出向き勉強会を行なったり、院内ラウンドを行なっています。認定看護師として学んだ知識を生かし、スタッフと共にスキルアップできるよう楽しい研修を開催していきたいと思います。

  • 吉峯 由香
    吉峯 由香

    吉峯 由香

    救急看護認定看護師として、院内ラウンドを1回/月実施しています。人工呼吸器装着中の患者さんの口腔ケアやポジショニングなどを評価して、改善点があれば現場の看護師と対話しながら介入方法を検討しています。また、院内外でフィジカルアセスメントセミナーや救命技術指導を行い、看護師のアセスメント能力と救命技術の向上に繋がるように努めています。

  • 寺戸 由加
    寺戸 由加

    寺戸 由加

    ICU・CCUに所属し、重症患者さんの集中治療管理に携わっています。

    ICU・CCUでは、大手術後や院内急変、循環器疾患の患者さんの病態をアセスメントし、 予測される病状を予測しながら異常の早期発見に努めています。また、突然入院される患者さんやご家族に対して精神的負担の軽減が出来るよう、日々スタッフと積極的な介入を 行っています。

    院内の活動では、急変時対応やフィジカルアセスメント、一時的救命処置などの研修会を行い、看護実践におけるスキルや知識の向上を目指しています。

  • 堀内 麻央
    堀内 麻央

    堀内 麻央

    救急看護は、多種多様な疾患、あらゆるライフステージの患者様と家族が対象となります。各場面に応じて、的確な判断に基づき救命技術・救急看護を実践し、危機状況にある患者・家族への精神面にも配慮した看護実践を行うために、実践だけでなく、スタッフの指導や相談に応じ、ケアの質向上に貢献しています。また、大規模災害時に災害拠点病院としての役割を発揮できるように体制の充実に努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

  • 貝川 恵子
    貝川 恵子

    貝川 恵子

    スキンケアを基本に、創傷・ストーマ(人工肛門・人工膀胱)・失禁などの看護ケアを専門的に行っています。特に褥瘡管理者として医療スタッフが褥瘡予防・ケアに困ったときに適切なケアが提供できるように組織を横断的に活動しています。患者さんからあるいは、日々の看護の中で学ぶことが多く充実した毎日を過ごしています。

  • 荒木 しのぶ
    荒木 しのぶ

    荒木 しのぶ

    皮膚・排泄ケア認定看護師は創傷・ストーマ・失禁にまつわるすべてのケアを行います。消化器病棟に所属し、具体的には褥瘡・手術創・テープなどによる皮膚障害や、ストーマ造設される方の術前術後ケア、排泄障害やそれによる皮膚トラブルなど対応は多岐にわたります。病棟所属であるからこそ、患者さんやその家族、ケアを行っている病棟看護師の抱える問題に早期に対応するため、日々の観察と気付きを大切に、全てにおいて根拠のある実践的なケアを提供できるよう奮闘しています。患者さん・ご家族・医師・看護師などの方々と“顔を合わせる・顔のみえるケア”を目指し、悩んだとき、困ったときに何でも相談される・頼りにされる認定看護師になれるようこれからも努力していきたいと思います。

集中ケア認定看護師

  • 池本 信洋
    池本 信洋

    池本 信洋

    集中ケア認定看護師は、生命の危機的状態にある患者さんやご家族に対して専門的知識や技術を用いて水準の高い看護を提供します。

    侵襲を受けた生体反応を患者さんの症状や表情、各種モニターや検査から得られるデータからフィジカルアセスメントを行い状態の変化をタイムリーに察知し適切なケアを提供することで重症化の予防や回復の促進を支援します。また、患者さんを支えるご家族の精神的・身体的負担が軽減できるように努めます。

    スタッフに専門的知識や技術を伝えるとともに患者さんにとってより良いケアをスタッフと考え実践することで、集中治療室に入室時から退院後の生活を見据えたケアが継続して提供できることを目指しています。

緩和ケア認定看護師

  • 大石 昌美
    大石 昌美

    大石 昌美

    緩和ケアセンターに所属し、主に緩和ケアチームの専従看護師としてホリスティックナースとともに患者さんとその家族を全人的な視点でアセスメントし、QOL向上のための治療・ケアを検討、実施しています。緩和ケアはがんの診断時から始まります。悪い知らせのインフォームドコンセントに同席し、診断時の衝撃から受容に至るまでの過程で精神的支援をおこない、その人らしい治療が選択できるように意思決定支援に努めています。療養支援外来では、がん患者さんの日常生活の困りごとやがんとともに生きる中での辛さや心配事について一緒に考え、その人らしい生活が過ごせるよう支援に努めています。

    緩和ケアの知識の向上のため、看護師対象に研修会を開催し、看護の質の向上を目指しています。

感染管理認定看護師

  • 平田 早苗
    平田 早苗

    平田 早苗

    感染対策室の専従看護師として院内感染対策チーム(ICT)の多職種と連携した院内ラウンドや血流感染・尿路感染のサーベイランス、現場の医師や看護師とのワーキングなどの実践活動、院内感染対策ニュースの発行や職員研修での指導、リンクナースや多職種からの相談対応を行っています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

  • 繁永 美栄子
    繁永 美栄子

    繁永 美栄子

    私はSCUに勤務し脳卒中患者さんの脳卒中急性期管理、運動麻痺のある患者さんのポジショニング、活動制限がある中で残存機能を活かしたADL介助など、勤務のなかで実践や指導を行っています。

    毎月1回の認定活動日は脳神経病棟の看護師と協力し脳卒中教室を行い日常生活上の注意点や再発予防など生活指導を行っています。

    看護教育では院内の看護師を対象に脳卒中患者さんの看護について勉強会を行っています。

慢性心不全看護認定看護師

  • 森 真由子
    森 真由子

    森 真由子

    高齢社会を迎え、心不全患者さんも増加の一途をたどっています。

    慢性心不全は増悪と寛解を繰り返し、やがて終末期へと至るという経過をたどります。安定期、増悪期、終末期における慢性心不全患者さんとその家族のQOL向上に向けて、水準の高い看護実践が行えるよう日々努力しています。

    患者さんが、住み慣れた家で安心して長く過ごせるよう、退院指導を通して療養生活行動を支援しています。

    また、対象特性と心不全の病態に応じた生活調整ができるよう、医師、ソーシャルワーカーと共に週1回カンファレンスを開催しています。

がん放射線療法看護認定看護師

  • 寺本 里美
    寺本 里美

    寺本 里美

    私は、感覚器センターの病棟に所属し、放射線療法を受けられるがん患者さんとそのご家族に対して、放射線に関する正しい知識や放射線治療に伴う有害事象の予防、出現した症状に対する生活支援を行っています。がん治療の三本柱の一つである放射線治療に対する社会の認知度と需要は高まっています。そのような方々の支援者となれるよう努力していきたいと思っています。

がん化学療法看護認定看護師

  • 矢野 昭子
    矢野 昭子

    矢野 昭子

    がん化学療法は、治癒をめざす治療から症状緩和に至るまで、あらゆるがん腫に対して幅広く行われています。私が、がん化学療法看護を行う上で最も大事にしていることは、患者さんが副作用対策を理解し主体的に治療に取り組めるようセルフケア行動を強化し、副作用を最小限にとどめ、QOLの向上を目指すことです。

    がん化学療法では新規薬剤の開発が進み、治療成績の向上や生存期間の延長、患者さんのQOL向上など多くの利益をもたらしている反面、薬剤の作用機序や有害事象などの対応は複雑化しており、私たち看護師の役割が大きいと考えます。

    このため、私の役割は、抗がん剤を安全に正確に投与する事、予測できる有害事象の早期の対応、患者自身のセルフコントロールについての知識など、確実かつ安全そして安楽な援助についてスタッフと一緒に考え、学び、がん化学療法看護の質の向上を図っていきたいと考えています。

精神科認定看護師

  • 中山 愛子
    中山 愛子

    精神科認定看護師は、精神科看護の専門的知識や技術を用いて質の高い精神科看護の「実践」「相談」「指導」「知識の発展」を役割としています。2016年の第6次医療法改正で医療計画に精神疾患が5疾病5事業に追加されました。うつ病の増加や、高齢化による認知症の増加など、精神疾患は国民に広く関わる疾患となっています。

    私は、患者さんがその人らしく生きること、自律性の回復への支援ができるよう、自部署での看護の提供だけではなく、他部署、他部門とも連携を図り、現場での精神科看護の向上に努めていきたいと思います。

新生児集中ケア認定看護師

  • 三谷 良子
    三谷 良子

    三谷 良子

    私は、新生児集中ケア認定看護師として早産・低出生体重児や疾患を持って生まれてきた新生児の急性期のケアを中心に、出生直後からNICUを退院してご家族の中で生活ができるようになるまでの支援を行っています。言葉で訴えることのできない新生児の声をキャッチし、状態の安定化を図り、発達を助け、優しい看護ができるようスタッフとともに努めています。また、赤ちゃんを迎えるご家族が、不安を緩和でき、新しい家族関係を形成していけるよう家庭訪問などの退院支援にも力を入れていきたいと思っています。

その他のスペシャリスト

H29.12.1 現在

認定遺伝カウンセラー 1名 岡山県介護支援専門員 4名
日本糖尿病療養指導士 12名 ICLSインストラクター 14名
3学会合同呼吸療法認定士 16名 ITLSインストラクター 2名
救急救命士 3名 JPTECインストラクター 2名
第2種滅菌技士 2名 フライトナース認定指導者 7名
透析技術認定士 5名 産業カウンセラー 2名
思春期保健相談士 3名 禁煙支援士 1名
栄養サポートチーム専門療法士(NST) 8名    
日本腹膜透析医学会指導看護師 21名    
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡技師 5名    
弾性ストッキング・コンダクター認定 11名    
マタニティビクス認定インストラクター 1名    
日本DMAT隊員 10名    
認知症ケア専門士 4名