川崎医科大学附属病院 薬剤部

MENU

専門・認定薬剤師とチーム医療

がん薬物療法認定薬剤師・外来がん治療認定薬剤師

外来がん治療認定薬剤師

外来がん治療認定薬剤師

がん医療は著しく進歩し、抗がん剤治療を受ける患者数も年々増加しています。近年では、抗がん剤による吐き気などに対し予防薬も使用できるようになり、また、がん細胞のみに特異的に作用し副作用が比較的少ない分子標的治療剤が次々と登場してきました。以前に比べれば治療を受ける患者さんの身体的な負担は減ってきた印象がありますが、一方で個々の患者さんの治療内容や生活環境に応じて、適切な薬剤選択や副作用予防・対策を行うことがより重要となってきています。

当院の薬剤師は、抗がん剤の投与量や治療スケジュールのチェック、無菌調製、治療継続・副作用回避のための医師への処方提案・患者さんへの治療内容の説明などを行っています。その中で、各種がんの認定薬剤師は、がん分野の専門的な知識を有し、最新情報を収集して、日々進歩し増え続ける抗がん剤の正しい知識や使用方法を医師、看護師などの医療スタッフに情報提供しています。がん医療においても多職種がそれぞれの専門性を活かしてチームで取り組むことが不可欠であり、一人でも多く患者さんが安心して抗がん剤治療を受けられるように各医療スタッフと協働しながら抗がん剤治療の適正使用や副作用対策が行われるように話し合っています。

日進月歩で進むがん医療の最新情報を得て、医療現場で活用していくためには様々な知識と日々の努力が必要となりますが、薬剤師の薬学的考察や視点で患者さんの治療に直接関わることができることに大きなやりがいを感じられると思います。

(森田 早貴 福山大学卒 2008年入職)

ICT(院内感染対策チーム)担当薬剤師

感染制御専門薬剤師

感染制御専門薬剤師

病院で感染症の予防・治療を行うには医療チームを作ることが必要です。ICT(Infection Control Team)は、感染防止に携わる医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、事務職員等で構成され、それぞれの専門的な知識を生かして、院内における感染症の発生抑制や治療に取り組んでいます。

感染制御における薬剤師の役割として、まず抗菌薬の適正使用があります。一つ一つの薬剤の特性を検証し、抗菌薬の選択やTDMを含む投与設計を行うことによって、治療が成功した時は非常に達成感があります。また、抗菌薬の使用統計および管理も重要な業務です。その他、消毒薬の適正使用を推進したり、ICTラウンドを通じて院内の環境整備、院内教育、ICTメンバーによるミーティングや会議で情報を共有したりと、幅広い業務を行っています。

感染症の分野は広く様々な知識を必要とするため、毎日毎日が勉強ですが、非常にやりがいのある分野だと思います。

最近では、服薬指導業務を行う病棟担当薬剤師も、担当患者さんの感染症治療について各科の医師から相談を受け、積極的な治療への関与を求められることが多くなっています。私達ICT担当薬剤師は各病棟担当薬剤師とも協力し、チーム医療の一員として、今後も院内の感染制御に貢献していけるように日々努力したいと思っています。

(藤井 哲英 徳島文理大学卒 2008年入職)

感染症専門医・指導医・認定ICD、抗菌化学療法指導医

感染症専門医・指導医・認定ICD、抗菌化学療法指導医

薬剤師は院内感染対策の主要なコアメンバーです。とくにICTラウンドや抗菌薬適正使用、耐性菌対策などに関することで、院内感染対策室の私たちと協力して活動しています。その結果、抗MRSA薬やカルバペネム系抗菌薬の適正使用、TDMの実施などにおいて、目覚ましい結果を出すことができており、たいへん感謝しています。院内感染対策は病院の質そのものです。チーム一丸となって病院の質を高めていきましょう。

(院内感染対策室専任医師、小児科部長 寺田 喜平)

NST専門療法士

NST専門療法士

NST専門療法士

『NST』とは、「Nutrition Support Team」の略で、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士など、各専門のスタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い、患者さんに最良の方法で栄養支援をするチームです。

NSTの活動は、患者さんの栄養状態を評価し、適切な栄養療法を提言・選択・実施することで、栄養状態の改善・治療効果の向上・合併症の予防・QOL(生活の質)の向上・在院日数の短縮などを目的としています。

当院では週に1回のカンファレンスと回診を行っており、その中で薬剤師として栄養投与経路の検討、高カロリー輸液を中心とした処方設計、栄養剤と医薬品の相互作用の回避、下痢等の消化器症状に対する薬剤選択の提案などを行っています。サポート対象患者さんの中には誤嚥性肺炎を繰り返す方や短腸症候群の方など一筋縄ではいかない症例も多々あります。しかし、チームの提案により患者さんの状態が回復した、寝たきり状態から離床ができるまでになった、退院が可能となったなどNSTでの仕事は他職種と直接的に成果を共有することができとてもやりがいのあるものです。

これから薬剤師として働く皆さんも、ぜひ栄養に興味を持っていただき、患者さんの早期回復にともに取り組みましょう。

(薦田 理恵 北陸大学卒 2006年入職)

管理栄養士

管理栄養士

悪心、嘔吐、排便コントロールなど、患者が食事を摂る上で障害となる症状に合わせた薬剤の提案、量の調節を提案して下さって本当にいつも助かっています。

チーム医療として患者に最適な栄養療法を行なえるよう、力を合わせて頑張っていきたいと思っています。

(管理栄養士 井上 幸香)

HIV感染症薬物療法認定薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師

HIV感染症は「特殊な人の特殊な病気」と思っていませんか?HIV感染者は毎年確実に増えていて、「すぐとなりにある感染症」です。当院は岡山県のエイズ治療中核拠点病院で、県内で圧倒的に多くの患者さんの治療を行っています。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の主な仕事は、HIV感染症の薬物治療を受ける患者さんの服薬を支援することです。抗HIV薬は多剤併用(3剤以上)で、しかもほとんどの薬がとにかくデカイ!そして服薬を始めると、飲み忘れなくずっと飲み続ける必要があります。薬によって服用回数や食事の影響が違うので、薬を始める前に仕事や一日の生活リズム等を確認し、患者さんに合った薬を決めるところから始めます。そして注意する副作用や相互作用のほか、飲み忘れた時や食事時間が変わった時の対応などを具体的に説明します。開始後も服薬の状況や副作用の有無を確認し、服薬を続けるための支援を行います。

HIV感染症にはいまだ周囲の偏見や差別感情が強く、その治療には、医師、看護師、薬剤師のほか、ソーシャルワーカーや心理カウンセラーとの連携も欠かせません。当院ではHIV診療にかかわる職種が集まって、月1回カンファレンスを行い情報交換しています。

(二宮 洋子 岡山大学卒 1981年入職)

緩和ケアチーム担当薬剤師

緩和薬物療法認定薬剤師

緩和薬物療法認定薬剤師

緩和ケアチームの一員として病棟ラウンドと緩和ケア研修会に参加しています。

当院の緩和ケアチームは薬剤師のほか、医師・看護師・医療ソーシャルワーカー・栄養士・臨床心理士で構成されています。各職種と話し合いながら活動することで、「患者さんから見た薬」を知ることになりました。患者さんが生きる上で大切にされていることを尊重し、入院中のみならず、退院後の生活に配慮した薬剤選択が必要になることもあります。また主治医から緩和ケアチームへ介入依頼のあった患者さんのみでなく、病棟・薬剤部スタッフの緩和薬物療法に関する疑問質問に対し、実際の経験を踏まえて回答または一緒に解決方法を見つけていく毎日です。

病棟薬剤師として活動する中で、薬についてコツコツ学習していたことが基礎となっていますが、患者さんには本当に薬剤師として成長させていただきました。これまでの経験を生かし、緩和ケアチームメンバー、医薬品情報担当薬剤師、各病棟担当薬剤師と連携し、患者さんの不安・抵抗感等を理解した上での薬剤情報提供、服薬支援を行っていきたいと思います。

(安原 景子 徳島文理大学卒1991年入職)

CDEJ(Certified Diabetes Educator of Japan:日本糖尿病療養指導士)

日本糖尿病療養指導士

わが国の糖尿病患者数は、年々増加しています。糖尿病は一度発症すると「治癒」することはなく、食事療法・運動療法・薬物療法を続けて、コントロールしていかなければなりません。つまり、糖尿病治療に最も大切なのは、患者さんの自己管理です。CDEJの責務は、自己管理ができるように指導し支えることだと思っています。

私は、CDEJ薬剤師として、日々の薬剤管理指導業務や糖尿病教室で患者さんと関わり、主に薬物療法についての指導を行っています。ですが、実際に患者さんとお話しすると、食事、運動、生活スタイルなど様々なことが問題点として挙がってきます。その際に、薬のこと以外はわかりませんという訳にはいきませんので、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を身に着けておく必要があります。そして、さらに詳しい内容については主治医に相談したり、担当看護師や管理栄養士に指導を依頼したりと、各専門職種と連携して患者さんの療養指導に努めています。

またCDEJの資格試験受験の際には、糖尿病内分泌内科の先生に指導していただき、一緒に受験する看護師さん達と励ましあいながら勉強しました。そういった意味でも、職種の垣根を越えて、協力しやすい環境が整っていると感じています。

患者さんの療養生活の質を高くするにはどうすればよいのか、日々悩みながら業務に取り組んでいますが、多くの方々からの協力が得られる環境に感謝し、より良い指導を行っていけるよう努力しようと思っています。

(黒川 温子 京都薬科大学 修士課程修了 2009年入職)

日本DMAT隊員

DMAT

当院は災害拠点病院であり、災害時に活動する医療チームDMATを有しています。東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨では、当院のDMATが出動し、医療救護活動を行いました。私も日本DMAT隊員になり、薬剤師の専門性を災害医療に生かせるよう取り組んでいます。

災害時には全国各施設のDMATや医療救護班が集結し、究極のチーム医療が行われます。また行政、消防、警察等の機関との連携も欠かせません。私は、西日本豪雨の際、災害対策本部で救護の統括に関わる業務を行いました。被災地では職種間、施設間の壁を越えて互いに協力し連携することがいかに重要か、身に染みて実感しました。

DMAT隊員の中に薬剤師という職種はないのですが、災害医療活動を経験すると、被災地での薬剤師へのニーズの高さがよくわかります。現在、当院はAMDAと協定を結び、南海トラフ地震発生時には当院の薬剤師が、医療救護班として高知県へ派遣される予定です。そのため積極的に研修会に参加するなど、薬剤師の災害時対応能力の向上を図っています。

DMAT隊員になる際、「それはDMATの仕事ではないとは言わず、自分たちにできることはどんなことでも支援する姿勢でいることがDMATの信念である」と教わります。私自身も日頃から、それは薬剤師の仕事ではないとは言わず、チームの中に薬剤師がいることで質の高い医療が提供できるのであれば、どんなことでも積極的に取り組む姿勢を心がけています。

(矢吹 晃宏 帝京大学卒 2010年入職)

写真は学校法人川崎学園創立50周年記念誌より抜粋

認定・専門資格取得と研修施設認定

認定専門薬剤師

当院ではがんや感染、栄養をはじめとする幅広い領域の知識や認定・専門資格をもつ薬剤師が所属しています。また、これらの資格を取得する条件である下記の研修・養成施設に認定されており、これらの認定・専門資格の取得を目指す方をサポートする体制が整っています。

<研修施設>
●日本医療薬学会 認定薬剤師制度研修施設
●日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修認定施設
●日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修認定施設

<2019年4月現在>