更新:平成31年4月1日

消化器外科

食道・胃・大腸がんなどの消化器疾患の術前後の栄養管理および術後栄養指導を行っています。
その他、化学療法や放射線療法など治療による副作用で食事が摂れない患者さんや低栄養の患者さんに対して、症状や嗜好に合わせた食事提供・栄養管理を行っています。
定期的にベッドサイドを訪問し術前から術後、退院後の外来治療まで関わることで、少しでも患者さんのQOLが向上し、栄養改善につながるよう栄養管理に努めています。

術後の指導では、食べ方の指導や消化のよい食事についてパンフレットを用いながら説明しています。

主に関わる疾患

  • 消化器がん全般
  • 消化管穿孔
  • イレウス
  • 胆嚢炎  など

食事例

胃術後全粥食

  • 朝食
    栄養部消化器外科01.jpg
  • 昼食
    栄養部消化器外科02.jpg
  • 夕食
    栄養部_消化器外科
  • 間食(10時)
    栄養部消化器外科04.jpg
  • 間食(15時)
    栄養部_消化器外科2

状態に合わせ、間食を取り入れています。 川崎医療福祉大学臨床栄養学科の学生の自作献立は普段のメニューにはないおやつとして患者さんに喜んでいただいています。